お金がない・・・だからこそクレジットカードを賢く利用しよう!


「家計が火の車で毎月大変」「携帯代が払えない」「貯金をしたくてもできない」
といったお金の悩みを抱えている方は多いと思います。
金欠に陥った場合、カードローンでピンチを乗り切るという手段もありますが、
いざお金を借りるとなると抵抗がありますよね。
当然借りたら利子を上乗せして返さないといけないので、さらに経済的状況が悪化し、
最悪の場合、多重債務になる可能性だってあります。
カードローンは、一時的にピンチをしのげても根本的な解決にはならないのです。

しかし、だからといって収入をすぐにアップさせるのは難しいですよね?
現実問題、すぐに経済的状況を改善する方法として最も有効なのは、お金の節約ではないでしょうか。
お金の節約なら今からでもすぐに始めることが可能ですし、根本的にお金の悩みも解決できます。

ただ、過度な節約生活はストレスが溜まります。
細かな節約をいくつもしているとだんだん嫌になってきて、途中で挫折してしまう方も多いです。
中にはその反動で大きな買い物をして、逆効果になるなんて場合も少なくありません。

そこでおすすめしたいのがクレジットカードを使った節約術です。
「お金がないのにクレジットカード??」と思うかもしれませんが、
クレジットカードを利用することで楽に効率良くお金を節約できます。
実際にクレジットカードで大幅な節約に成功している方がたくさんいるので、
みなさんも試してみてはいかがでしょうか?

 

そもそもなんでクレジットカードで節約ができるの?

「クレジットカードでどうして節約ができるの?」と不思議に感じる方も多いと思うので、
きちんと理由を節約しますね。
なぜクレジットカードが節約に繋がるのかというと「使えば使うほどポイントがつく」から!
クレジットカードを持っていない方からするとピンとこないかもしれませんが、持っている方は
「なるほど!」と思ったはずです。
買い物の際にクレジットカードを利用すると支払い金額に応じてポイントがもらえます。
貯まったポイントは、ネットショッピングや飲食店、コンビニ、マイル、携帯代などに使用でき、
ものによってはポイントを現金化できる場合もあります。
分かりやすくいうとドラッグストアやスーパーなどのポイントカード、あれと似ています。
ただ、クレジットカードの方がポイントカードよりも便利で貯まりやすく、大幅な節約が可能です。

そして、クレジットカードを使うことで、ネットショッピングでかかる手数料が
かからないというのも大きいでしょう。
ネットショッピングで銀行振り込みや代金引換などを選ぶと手数料がかかってしまいます。
これがクレジットカードを利用すると手数料がかかりません。
ネットで買い物をする機会が多い方ほどクレジットカードを使った方がお得になるのです。

クレジットカード払いにするだけで〇〇円節約できる!?

クレジットカードでどのくらい節約できるのか気になりますよね?
節約できる金額は使い方によって異なるため、人それぞれ違いますが、
中には年間数万円の節約に成功している方もいます。

たとえば、光熱費をクレジットカードで支払った場合、どのくらい節約できるのか考えてみましょう。
電気代やガス代などの光熱費が毎月合わせて10000円程度かかっていたとします。
この支払いを還元率1.0%のクレジットカードで行うと月々100円、
年間だと1200円相当のポイントがもらえます。
「たった1200円?」と感じた方もいるかもしれませんが、
なにもしなくても年間1200円節約できるなら嬉しいですよね?
また、これは光熱費だけをクレジットカード払いにした場合のシミュレーションなので、
この他にスーパーでの買い物、ガソリン代、ネットショッピング代など
様々な支払いをクレジットカードでするとさらに節約金額が大きくなります。
色々なものをクレジットカード払いにすることで、
年間1万円くらいの節約ならそう難しくないと思います。
ただし、クレジットカードによっては、特定の支払いがポイントがもらえないケースもあるので、
利用前に確認された方がいいでしょう。

今は税金もクレジットカードで支払いができる時代

知らない方も多いかもしれませんが、今は税金もクレジットカードで払える時代です。
一昔前までは税金をクレジットカードで払うなんて考えられませんでしたよね。
支払い可能な税金は所得税、法人税、贈与税、相続税、自動車税、軽自動車税といったものです。
さらに最近注目されている「ふるさと納税」もクレジットカード払いができます。
すべての地方公共団体が対応しているわけではありませんが、
どんどん利用可能な地方自治体が増えているので、
そのうちどこの地域にお住いの方でも税金をクレジットカードで支払えるようになるでしょう。
税金の支払いはかなり高額になるので、もらえるポイントもそれだけ大きくなります。
また、払い忘れがない、納付の手間を省けるというメリットもありますよね。

ただし、全員が全員クレジットカード払いが節約に繋がるわけではありません。
クレジットカードを利用すると手数料が発生します。
手数料は納付税額によって異なりますが、
手数料がもらえるポイントを上回ってしまう可能性があるのです。
これではクレジットカードで支払う意味がありません。
納付税額や利用するクレジットカードの還元率などをよく考えてから税金の支払いを行ってください。

正しく使えばクレジットカードは怖くない!

クレジットカードを利用すると大幅な節約も夢ではありません。
しかし、現金払いに慣れている方からするとクレジットカード払いに不安を感じますよね?
「使いすぎたらどうしよう・・・」「他人に不正利用されたらどうしよう・・・」
「落としたら大変・・・」など色々なリスクを考えると思います。
たしかにそうしたリスクはありますが、正しく使えば
みなさんが思っているほど怖いものではありません。

まず、使い過ぎのリスクですが、これは限度額を低く抑えることで最低限解消できます。
あとは自分の管理能力が問われますが、しっかりと支払い可能な金額を把握していれば
返済に困ることはないでしょう。
節約目的でクレジットカードを使うなら必要以上の買い物に使用しない、
手数料がかかる分割払い・リボ払いを使わないといったことを意識してください。

そして、不正利用や紛失のリスクですが、クレジットカードには保険・補償がついているので
安心してください。
自分のクレジットカードが不正利用された場合、
基本的にどこのクレジットカードも対応してくれます。
不正に利用された金額分は支払う必要がありませんし、
紛失した際、連絡をすればすぐにカードを止めてくれるので、実は安全性が高いのです。

莫大な数から自分に最適なクレジットカードを選ぶコツ

クレジットカードで節約するには、まずクレジットカードを作らないといけません。
その際にみなさんが最も注目すると思うのが還元率でしょう。
還元率が高いカードほどポイントが貯まりやすく、節約に繋がるので、
そこに注目するのは間違いではないです。
ただし、還元率だけばかりにこだわってしまうと節約に失敗する危険があります。
いくら還元率が良くてもポイントの使い道がなければ意味がありません。

たとえば、旅行が趣味の人の場合、ポイントをマイルとして利用できた方がいいですよね?
しかし、持っているクレジットカードがマイルに対応していないならお得感がありません。
ネットショッピングをよく利用する方なら
ネットショッピングでポイントが使えるカードが向いていますし、
食事にポイントを使いたいなら飲食店に対応したカードを持つ必要があります。
つまり、「還元率も大事だがカードの使い道も考えて選ばないと駄目!」ということです。
自分に最適なクレジットカードを選ぶためにも、貯まったポイントを何に使うのか、
そのカードのポイントがどういったものに使えるのか、といったことも考えましょう。

クレセツでは、クレジットカードを利用した節約術の他に
おすすめのクレジットカードも紹介しています。
普段使いのメインカード、特定のお店で優待が受けられるサブカードまで、
色々なクレジットカードを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。